口がクサイのと息がクサイのは別物!?

あなたは「口がクサイ」のと「息がクサイ」ことの違いってわかりますか?
「え?そんなの一緒でしょ?」と思うかもしれませんが、実はこの2つ、まったく原因が異なっているのです。

 

口がクサイ原因

口がクサイ場合、その原因は「口の中」にあります。
例えば虫歯になっていたり、歯周病があったり、あるいは口内炎ができていたりなどなど、
口の中になにかしらの異常がある場合に起こるものです。

 

また、寝起きのときや緊張したときなどに唾液が少なくなってしまったりすると、
これも口のニオイの原因になります。これらは「生理的口臭」とも呼ばれています。

 

息がクサイ原因

息がクサイのは口が原因ではなく、内臓器官に原因がある場合がほとんどです。
肺や気管支が弱っていたり、胃や腸が弱っていたり、調子が悪かったりすると息がクサくなります。

 

また糖尿などの理由でもニオってくることがあり、これを病的口臭といいます。
さらにキムチや餃子などのニオイの強いものを食べたときにも息がクサくなることがあります。

 

このように、口がクサイのと息がクサイのは根本的に違いがあります。

 

口がクサイのはその原因となっている虫歯や歯周病を治療すれば改善しますが、
息がクサイ場合は内臓、つまり内側の問題になってくるから大変なのです。

 

楽臭生活はこの内側からニオってくる場合の口臭に非常に高い効果を発揮します。
歯医者に行って検査してもらって何も異常がなければ内側からニオっている可能性がありますから、
ぜひ飲むだけで簡単に対策できる楽臭生活を利用しましょう。